スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトウェアアップデート

clamav 0:0.99-3.el5がでていたのでアップデート

いつものように
# rpm -qi clamavで現在のバージョンをチェック

# yum -y --enablerepo=rpmforge update clamav
でインストール

# /etc/init.d/clamd restart
clamavのリスタート

# ps -ef|grep clam
で起動の確認

# rpm -qi clamav
でバージョンの確認・・・ OK
スポンサーサイト

ソフトウェアアップデート

clamav 0:0.98.7-1.el5がでていたのでアップデート

いつものように
# rpm -qi clamavで現在のバージョンをチェック

# yum -y --enablerepo=rpmforge update clamav
でインストール

# /etc/init.d/clamd restart
clamavのリスタート

# ps -ef|grep clam
で起動の確認

# rpm -qi clamav
でバージョンの確認・・・ OK


で、ついでに肥大化したデータベースもクリーンアップします
現在の状態は、

# cd /var/clamav

# ls -la
合計 310328
drwxr-xr-x 2 clamav clamav 4096 5月 14 04:05 .
drwxr-xr-x 26 root root 4096 1月 12 2009 ..
-rw-r--r-- 1 clamav clamav 389120 5月 2 04:07 bytecode.cld
-rw-r--r-- 1 clamav clamav 88846336 5月 14 04:05 daily.cld
-rw-r--r-- 1 clamav clamav 163468288 9月 19 2013 main.cld.broken
-rw-r--r-- 1 clamav clamav 64720632 5月 7 04:05 main.cvd
-rw------- 1 clamav clamav 780 5月 14 04:05 mirrors.dat


まず、念のためバックアップを取って
# cd ../
# cp -r clamav clamav.bak

# cd clamav
# rm -f *   ----- これでclamavディレクトリの中を空にする

# cd /etc/cron.daily
# ./freshclam -----freshclamを実行してデータベースを作り直す

# cd /var/clamav
# ls -la
合計 97340
drwxr-xr-x 2 clamav clamav 4096 5月 15 02:42 .
drwxr-xr-x 27 root root 4096 5月 15 02:38 ..
-rw-r--r-- 1 clamav clamav 75408 5月 15 02:42 bytecode.cvd
-rw-r--r-- 1 clamav clamav 34745122 5月 15 02:41 daily.cvd
-rw-r--r-- 1 clamav clamav 64720632 5月 15 02:41 main.cvd
-rw------- 1 clamav clamav 52 5月 15 02:42 mirrors.dat

だいぶ小さくなった

で、clamdを再起動
# /etc/init.d/clamd restart

Stopping Clam AntiVirus Daemon: [ OK ]
Starting Clam AntiVirus Daemon: [ OK ]

clamdの起動を確認
# ps -ef|grep clam
root 5812 1 0 02:43 ? 00:00:00 clamd
root 5826 5011 0 02:43 pts/0 00:00:00 grep clam

バックアップを消す
# cd /var
# rm -rf clamav.bak

ソフトウェアアップデート

clamav 0:0.98.6-1.el5がでていたのでアップデート

いつものように
rpm -qi clamavで現在のバージョンをチェック

yum -y --enablerepo=rpmforge update clamav
でインストール

/etc/init.d/clamd restart
clamavのリスタート

ps -ef|grep clam
で起動の確認

rpm -qi clamav
でバージョンの確認・・・ OK

ソフトウェアアップデート

clamav 0:0.98.5-1.el5がでていたのでアップデート

いつものように
rpm -qi clamavで現在のバージョンをチェック

yum -y --enablerepo=rpmforge update clamav
でインストール

/etc/init.d/clamd restart
clamavのリスタート

ps -ef|grep clam
で起動の確認

rpm -qi clamav
でバージョンの確認・・・ OK

で、1台目サーバー完了

で同じように2台目サーバーも・・・

あれ??

Setting up Update Process
Could not find update match for clamav
No Packages marked for Update

ない・・・・・???


/etc/yum.repos.d/の中にepel.repoが無い。
というわけで、EPELを導入

# wget http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/5/x86_64/epel-release-5-4.noarch.rpm
# rpm -ivh epel-release-5-4.noarch.rpm


でyumでアップデート

# yum --enablerepo=epel update epel-release


再度、clamavのアップデートにトライ

yum -y --enablerepo=rpmforge update clamav
でインストール

/etc/init.d/clamd restart
でリスタート

ps -ef|grep clam
で起動の確認

rpm -qi clamav
でバージョンの確認・・・ よし。。OK


glibc ライブラリにバッファオーバーフローの脆弱性

JPCERTから
glibc ライブラリにバッファオーバーフローの脆弱性がでました。

glibc2.2から1.7が、問題のバージョン。

修正済みバージョンは
CentOS 5 (glibc-2.5-123.el5_11.1)
CentOS 6 (glibc-2.12-1.149.el6_6.5)
CentOS 7 (glibc-2.17-55.el7_0.5)


アップデートほうほう

まず現在の使用バージョンを調べる
# rpm -q glibc
glibc-2.5-24.el5_2.2

yumでアップデート
# yum update glibc

アップデート確認
# rpm -q glibc
glibc-2.5-123.el5_11.1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。